📖 新着 日経225先物情報

   システムトレードオン・90.gif  

デイリー2018
1日3分、10万円から始める日経225先物投資

ナイツ225
日経225先物 夜間ナイトセッション取引専用サイン判定ソフト

Kanmei225〜簡明過ぎて失敗できない日経225先物トレード法(オートレ版自動売買用戦略ファイル付)
日経225先物のトレード手法のマニュアルと自動売買用戦略ファイルです

Kanmei225〜簡明過ぎて失敗できない日経225先物トレード法
日経225先物のトレード手法のマニュアルです。

トレードで富豪になる為の手法が遂に流出! 【富豪メーカー】
日経225を使ったローリスクハイリターンのシステムトレード

コツコツ225
日経225先物の無駄なトレードを徹底的に排除した裁量テクニック



月1ボーナスオプションアカデミーで3日間で利益が137%

月1ボーナス オプションアカデミー

このような「投資手法」がこの世に存在したとすると、
アナタはどうやって「平常心」を保ちますか?

・取引時間は、1回「5分」で完了。
・その利益は元本に対して「137%」。
・ポジション保有期間は「1日〜3日」。
・最低投資金額は「3万円」。
・勝率は限り無く「100%」に近い。
・そのくせ「リスク管理も徹底」された手法。

例えば、
「10万円」の資金であれば、一撃で「13万円」の利益、
「100万円」の資金であれば、一撃で「137万円」の利益です。
この手法を私は「楽園」と呼んでいます。
その理由は、まさに「楽園」のごとき手法だから。

しかし、「楽園」の手法には注意が必要です。
それは、
大きく相場が動くときに利益を取る」と言う手法なので、
「毎日、毎週、毎月と、定期的に発生する訳ではない」
と言う事。

「楽園」で全てのチャンスを丹念に拾おうとすると、
月に1回とか2回くらいのチャンスが発生するかも知れません。
しかし、これは確実ではありません。
1ヶ月に1回なのか、3ヶ月に1回なのか、半年に1回なのか、
この答えは相場しか知りませんので、安直には答えられないのです。

ただし。
直近の2014年10月、私は、楽園手法を「2回」発動させ、
双方とも、一撃で100%をゆうに超える収益を得ましたが。

あらかじめお伝えしておきます。
本日、私がアナタにお伝えする投資手法は「楽園」だけではありません。
2種類」存在します。

●「軸」となる「1つ目」の手法は、
「月に1回」わずか「5分の取引」で「月利5%」を稼ぐ手法です。

徹底的に「時間対効果」を考え、
いかにアナタが全力でサボり、いかにアナタが全力尚且つ片手間で
最大限の結果を生み出せるかにトコトンこだわった手法です。

更にこの手法は、勝率が限り無く100%に近いにもかかわらず、
「リスクとリターン」が「1対1」になるように、
リスク管理が徹底されています。

これが私の軸となる「月1ボーナス」の手法となります。

●「軸」の手法を固める「2つ目」の手法は、
とにかく「豪快な収益」だけを突き詰めた手法です。

大きな爆破力を秘めているにもかかわらず、
この手法も「1つ目」の手法同様にリスクが限定され、
わずか「3日間」の取引で「137%」の利益が見込めます。

誤解なさらないでください。
「月利」137%でも、「年利」137%でもありません。
「3日間」での利益が「137%」です。

この「2つ目」の手法を利用して、
普通の投資では考えられないような「速さ」で原資を得て、
そして、資産を雪だるま式に増やしていただきます。

つまりこれが、「楽園」の手法な訳です。
パンチの効いた「楽園」は、あくまでも脇役。
主役は「月1ボーナス」の手法なのです。
だからアナタは、こんなことが可能になります。

「楽園」で小さな資金から「タネ銭」を作り、
「月1ボーナス」でそのタネ銭をじっくりと増やし守る。

「月1ボーナス」で増やし守った資金の一部を、
「楽園」で更に大きく拡大させる。

「楽園」で更に大きく拡大した資金を、
「月1ボーナス」に加えてもっともっと膨らまし堅守する。

いかがでしょうか。
私の手法には「攻め」と「守り」の2つの柱があるからこそ、
堅実かつ異次元のスピードで資産を増やすことが可能です。

そうです。
「攻め」と「守り」の両面を併せ持った「資産形成」が
今すぐに開始することが出来るのです。


公式サイトはこちらから

月1ボーナス オプションアカデミー
公式サイトはこちらから


発行者:株式会社ヒトリメシサポート

月1ボーナス オプションアカデミー 詳細
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック